タグ:レシピ ( 7 ) タグの人気記事

新巻鮭


毎年 年末になると、お義母さんの親戚が新巻鮭を
おくってくるのですが、これが クセモノ。

日本人ですし、どさんこですから、
『神の魚』 とも呼ばれる鮭は、もちろん大好きです。

でもね~、下ろすのがメンドクサイ。
しかもいつも忙しい年末。
どさんこがどさんこに、鮭おくらなくても~(>_<。)

いつもは、お義母さんが綺麗にさばいて、
私は美味しいところだけおすそ分けいただくのですが、

お義母さんったら、12月に入り利き腕をまさかの骨折。
てことは ・・・・・。

え~~っっ
私にどうしろと!!!


私、魚を下ろすの嫌いなんです(泣)
やってもサンマやイワシくらい(涙)

泣いても仕方がないので、がんばりました 私。
人生で3度目の新巻下ろし。

内臓がないのがせめてもの救い。
とかなんとか言いながら、自宅キッチンは
鮭が1本丸ごと入るように、ワイドシンク仕様。
軍手と出刃も自前です(笑)
a0111280_1135826.jpg
まずは皮もおいしくいただくため、鱗をとります。

a0111280_1111749.jpg
頭をバッサリ落としてから、

a0111280_111551.jpg
私は未熟者なので、3等分にしてから3枚に。

a0111280_1153845.jpg
こんな感じでしょうか。
この頭とアラは、大事な々食材です。

a0111280_117844.jpg
冷凍で送られてきたのですが、
解凍しすぎて身が柔らかかったのと、
包丁がよく切れず、少し崩れてしまいました(反省)

最近は頭やアラが気軽に手に入らなくなって、
こんなときは、面倒な新巻鮭も嬉しいもの。

大事なアラは何になるかと言うと、

郷土料理の
a0111280_1191417.jpg

三平汁に。
a0111280_1193276.jpg


【三平汁】は・・・
[PR]
by nohohon_pistachio | 2010-01-22 11:28 | ごはん

いくらしょう油漬け


秋ですね~。
生すじこが出まわるようになりましたね~。

この時季、北海道の殆ど?のご家庭では、
ご自分でいくらを漬けるのではないでしょうか?
a0111280_162044.jpg

塩漬けも美味しいですが、わが家ではもっぱらしょう油漬けで楽しみます。

私は、100グラム200円台になったら買うようにしてますが、最近は中々250円前後まで下がりませんね。
今回は100グラム298円のものを購入。
小さめの1腹263グラム、775円でした。
a0111280_16244863.jpg

塩を1~2つまみ入れた40~50度のお湯
(少し熱いが手を入れられるくらいの温度)に
割りほぐした生筋子を入れ、ふり洗い。


◇あまり熱いと皮が硬くなって生臭みが残り、
温度が低いとふり洗いではなかなかほぐれない◇

真水で数回洗い、残った筋や皮や汚れを取り除き、
この時点で少し白濁したいくらも、
最後に冷たい塩水にさーっと浸すと、あら不思議!
とっても綺麗なオレンジ色に輝きます。
a0111280_16255787.jpg

ヒタヒタのおしょう油とお酒のタレに浸して、一晩置き
ぷく~っとタレを吸い込んだら出来上がり。


この場合も、いくらが隠れるくらいに浸さないと
生臭くなっちゃいます。

おしょう油とお酒は半々。
この生筋子の量(263グラム)だと25~30ccくらい
づつかな? いつも適当レシピなもんで(^^ゞ
お酒の弱い方は煮切ってアルコールを飛ばしましょう。

お好みでみりんやお出汁を入れる方もいますが、
実家の味はおしょう油とお酒のみ。
それでも十分美味しいですよ。
a0111280_16261254.jpg

いくらがたくさんあるのに、ごはんの上いっぱいに
かけないのは・・・

後から自分で好きなだけかけながら食べるからです。
その方がたくさん食べられちゃうから(笑)
[PR]
by nohohon_pistachio | 2009-10-03 16:54 | ごはん

三升漬け


先日のニセコ野菜の中に、青なんばんがありました。
a0111280_17364778.jpg

青なんばんは青唐辛子のことなのですが、
北海道の人は、“青なんばん”って言います。

私、お漬物は浅漬け以外つくれませんが、
この季節、毎年漬ける 三升漬け(さんじょうづけ)は
我が家の食卓にかかせない味です。
漬物ではありませんけどね^^

お醤油と米麹と小口に刻んだ青なんばんを
       1 : 1 : 1
これをただ混ぜるだけの超簡単料理。

母から教わった味ですが、“さんじょうづけ” で変換
出来ないので、きっと郷土の味なのでしょうね。

青なんばんを小口切りにしたら、
a0111280_17394140.jpg

同量の米麹をほぐして混ぜ、
a0111280_174005.jpg

同量のお醤油を注いで保存します
a0111280_17401668.jpg

たったこれだけ。

麹がトロッとしてくる、1ヵ月後くらいからが食べごろです。

焼きなすや冷奴、納豆に焼き魚、お醤油がわりに調味料として使います。
あとは炒め物の隠し味などにも。

↓こちらは3年もの。  
a0111280_17404893.jpg

さすがに3年物になると少し古いニオイがしてくるので、
2年で食べきるのがオススメかな。

2年ものはたまりませんよ(笑)
[PR]
by nohohon_pistachio | 2009-09-23 17:48 | おいしいもの

さつまいもで2品

カラメルいも (ひと用)
a0111280_13342652.jpg
   と

わんこ用クラッカー
a0111280_1335132.jpg

↑これは どうして四角じゃなく イビツかと言うと

・・・・・ 性格 だからです。

天板に載せる時につまんだら、生地がピロ~ンと
伸びたので、そのまま載せちゃいました。

そのまま焼いたのでこんな感じに~。
性格的に 気にしてませ~ん(笑)

さっそくワンコ(はーちゃん)にあげてみましょう。

■マテ、ですよ!

>ジュルル~~
a0111280_13414543.jpg

■まだマテですよ

>はやく~~ ペロリン
a0111280_1342162.jpg


レシピが気になる方はコチラ
[PR]
by nohohon_pistachio | 2009-07-14 14:16 | わんこ

たまごやき

朝食に玉子焼きを出したら、
『ホットケーキみたいな味がするけど・・・』 と、
不思議そうにオットに言われました。

チッ、気付いたか~。

先日、テレビで 玉子焼きにマシュマロを入れると
“冷めてもフワフワでおいしい” とやっていたので、
早速まねっこ。
マシュマロなんて今まで買った事もありませんが、
丁度ネットスーパーをした際に安かったし、
マシュマロも一緒に購入してみました。

届いたものを見てみると、・・・

“マシュマロ・バニラ風味” とありました。 
あれ、バニラ風味?
まあ、いっか~おいしそうだし(笑)

大さじ1のだし汁or水に対しマシュマロ2~3個。
レンジでチンしてマシュマロを溶かしてください。
お好みでお正油たらりです。
それを卵2個とまぜまぜし、普通の玉子焼き同様に焼きます。


たま~に牛肉と豚肉の区別が付かない時もあるオット
なので、うまく誤魔化せると思ったのですが、
バニラ風味には気付かれてしまいました( ̄ェ ̄;)
以外に繊細な舌をお持ちのようで・・・(汗)

     ↓確かにふわふわでおいしい
       仕上がりでした(*^_^*)
a0111280_13303318.jpg

アメリカ人じゃないのでキャンプでマシュマロは
焼かないし、そもそもマシュマロなんて
食べないですもの。

暫らくは、バニラ風味の玉子焼きで
我慢していただきましょう(笑)
みなさんも、マシュマロをご購入際は
お気をつけください^^

ところで、玉子焼きは 甘い(砂糖)派? 
しょっぱい(塩・正油)派?

私は甘い派、オットはどちらでも派。
私の母は玉子焼きにはお砂糖、お義母さんは
塩か正油らしいのです。
なので、今は我が家ではそのときの気分で
両方作っていますが、

以前家族でお寿司を食べた時、
お義姉さんが 『お寿司屋さんの玉子って甘いから嫌』
と言っていたのが不思議でした。

私は “だって玉子焼きだもん、甘いに決まってるし” 
と思ったのですが、お義姉さんはお義母さんの
しょっぱい玉子焼きで育ったからなんですね。
これって地域性もあるのかもしれませんが、
やはり“家の味”が大きいですよね。

お砂糖の玉子焼きを食べて育ち、しょっぱい玉子焼きも、
だし巻き玉子も、大人になるまで知らない味でしたが、
今では食卓にのぼる回数の1番多い玉子焼きは、
オット家直伝のシャケとネギを入れた、しょっぱ系の玉子焼きです。
[PR]
by nohohon_pistachio | 2009-03-14 13:56 | ひとりごと

たらのスープ

この季節、じゃがいもをたくさん食べたい日につくる一品
a0111280_15342323.jpg

今が旬の生たらの身を使ってもおいしいのですが、
身が“グズグズ”になっちゃうので、出汁もよくでる
姫たらの一夜干しをよく使います。

a0111280_15382390.jpg

小さいスケトウダラ(たらこのお母さん)
さーっと火で炙っていただくと、ビールにも良く合いますね。

a0111280_15405845.jpg

フランスパンなんかがよく合いますが、
この日はパセリを切らしていて小ネギを散らしたので、
なんとなく白いご飯で食べました(笑)

More
[PR]
by nohohon_pistachio | 2009-02-05 15:59 | ごはん

りんごジャム

わりと積極的にフルーツを食べるオットですが、
最近りんごのシャキシャキした歯ざわりを嫌がります。

私達がりんご好きだと思っているお義姉さんは、
(ん~確かにりんごは好きですが、・・・)

『毎年送ってくるけど誰も食べないの』 と、
よくおすそ分けしてくれますし、

お義母さんも 『○○さんから貰ったから半分ね』 
と、よく持ってきてくれます。

でも~ ・・・

もりんごは好きですが、1度に1コは食べられないし、
そうそうりんごばかりは・・・と言うわけで、1度貰うと
中々減らないりんご。

ん~~???

新鮮なうちに、ジャムにでもしましょう。
a0111280_17281813.jpg

*ホーローなどの鍋に、
 皮をむいて適当な大きさに切ったりんごを入れ
 りんごの25~30%のグラニュー糖と、2分の1コのレモン汁を
 まわしかけ1時間ほど放置
 そのまま火にかけ3~40分、お好みのクタクタ感で


パンと一緒に、チーズも添えてひとりごはん
a0111280_17303271.jpg

手づくりパンだったら良かったけど、
 パンは焼けません(笑)

このほか
カレーに入れて煮込んだり
アイスクリームやヨーグルトに添えたり
アップルパイのたねにもします。

そして今日。

お義母さんがまた、りんごを2コくれた・・・・・・・(泣)
[PR]
by nohohon_pistachio | 2009-01-26 17:48 | ひとりごと


思いついた事を気ままに綴る自分メモの備忘録。 わんこのお話も、少しお届け。


by nohohon_pistachio

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
more...

カテゴリ

全体
はじめまして
日々の事
わんこ
いただきもの
おいしいもの
ごはん
そとごはん
ひとりごはん
お気に入り
てづくり
ひとりごと
小さな幸せ
おでかけ
未分類

タグ

(51)
(31)
(21)
(21)
(18)
(17)
(16)
(13)
(12)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(2)
(2)
(2)
(1)

★リンク集
メ  モ
★プロフィール
・かかお
自宅で、不定期に
仕事をしながら、
北国に暮らす主婦

★お知らせ
現在トラックバックは受け付けておりません

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング